話題の入学式の祝辞について思ったこと

ハナニラとパッチワーク。キラキラの春。

最近話題の祝辞について

私の時の大学入学式の祝辞、どなたからどんな内容をいただいたのか、全く覚えておらず、残念です。。。卒業式もよく覚えておりません。どなたか、もう一度、私に祝辞いただけませんか???

今年の東京大学学部入学式での上野千鶴子さんの祝辞が話題なようで。

色々な人が色々な意見を言う中で、その人がそう思うに至った背景を推し量る。

論点はたくさんあって、たぶんこれが伝えたい主題ではなかったと思うけれど(そもそも私は大学入学生ではないし)、私が良いなと思った部分を少し。

「がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています」

敢えて言い切るところが良い。

受験勉強って、テストで高い点数を取ることって、ゴールが明確で、そこへ至る努力の仕方も明確で。

でも社会は受験勉強と違う。みんな目指すゴールはそれぞれ異なり、色々な人の利害があり、思惑があり、競争がある。

報われないと感じる時、今の社会を嘆いても仕方ない。

その前提で、なるべく報われるような努力をするように、がんばる。

「がんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください」
「~ひとびとを助けるために使ってください」

強い立場にいるとき、驕りはないか?

弱い立場にいるとき、弱いことを理由に腐ってないか?

誰だって、「自分ってできる人間なんだ!」と自信満々、少し驕ってるくらいでもいいのかな?と私は思います。

それを良い!と思うも、冷ややかな目線で見るのも、自由。

自信満々に少し驕るその人に、「東京大学」というブランドが付くと、周りは急に厳しくなる?ような・・・

でも本人は全く気にしてなんかいないかな?

パッチワークについて

パッチワークは柄模様(パターン)の1つ1つに名前がついています。写真の模様はその「専門用語」で言うところの「レールフェンス」という柄です。

「レールフェンス」は、1枚の型紙だけでできるので、初心者にもおススメのパターンです。

4枚など、小さくまとめてコースターサイズも可愛いですし、何枚もつなげて大きく作ることもでき、便利ですね。

根岸)私のパッチワーク、上手でしょ???

周り)し~ん・・・

根岸)気にしない、気にしない(笑顔)