節目の一日に考えたこと

ビフォーアフターでお気に入りの写真

精一杯頑張る姿は、何分咲でも、キレイだ。

平成最後の・・・

ここ半年くらい、聞き飽きたようなこのフレーズ。

正直なんとも思っていなかったけれど、今日になってみたらやはり節目は節目でした。ちょっと考えたことを。

平成最後のブログです!(←言いたいだけ)

31年の私を振り返る

平成の時代というよりは、自分史を振り返ったのですが。

学生時代には学生の、社会人時代には社会人の、理想があり、目標があり、課題があり、試練があり。

その時々で壁を乗り越えてきたなと。しみじみ思うのでした。

その時々の理想に向かって頑張ってきたつもりだけれど、

思い描いた理想通りだったかというと、そうではなくて。

想像もできなかった所にたどり着いた31年でした。

31年なんて全然で、10年、5年、いや1年だって、見通すことなんてできない。

平成1番の転機

20代後半に、具体的に「何」というわけではないけれど、私にとっての平成1番の転機があった。

組織とか、競争とか、束縛とか、関係がなくなって、

それまで思っていた「普通」が普通ではないことを知り、

それまでずいぶんと狭い世界で生きていたことを知った。

色々な価値観と出会い、自分の価値観も変化していった。

それまでしてきたことは、選択肢を狭めないための選択であって、自らの人生を選び取る意思決定ではなかったように思えた。

その裏には、選ばなかった人生があるはずだけど、今はあまり思い出せない。

今となっては、初めからこうなりたかったかのように、人生を進んできた気さえする。

でも今の自分に100%満足しているわけではなく、少し足りない。

だからこそ、前向きな気持ちでいられてちょうど良い。

10代の私

小学校の卒業アルバムには「作詞・作曲のできる人になりたい♪」と書いた。

確かになりたいと思っていたけれど、それに向けた努力なんて1ミリもしてないなぁ~。ピアノを習っていたけれどろくに練習しなかったし。。。

なぜ、~したいと思ったことをやらなかったのだろう?

20代の私

それから随分と時が経って20代前半。

突然スイッチが入り会計士試験の教材を取り寄せたこと、これも確かに平成を代表する転機だったと思う。

受験を公言するには恥ずかしくて、でも大学3年でとっくに合格した同級生に、こっそり受験の意思を伝えると、「え、今から?社会人受験厳しくない?」と冷たい目で言われ…(もしかしたら、「今から?」は「今更?」だったかもしれないとも思う。定かではない。)

でもなぜか、受からない気はしなかった、おめでたい自分。

そしてこれは(作詞作曲と違って)ちゃんと努力できた。

違いはなんなんだろう?

自信が大事

思い描いている理想と今の自分の差に対して、

①すごくやる気が湧いてくる場合と、

②頑張れなかったり、どちらかというと悲観的な気持ちになる場合と、

2種類あるかな?

でもその違いは、一般的な達成可能性とは関係なく、結局自分の中の自信だけの問題かな?一瞬は悲観的になったことでも、自信の問題で乗り越えられるんじゃないかな?と今は思う。

その時々、間違えなく②はあるんだけど、振り返ると忘れてしまうし。

①だって苦労はあるんだけど、記憶としては美化されるし。

そして自信とは、私の場合、突然湧いてくるものでもなく、日々の努力達成の積み重ねでしか作り出せない。

次の時代に向けて

次の時代が終わるとき、どんな風な私になっているのか、想像もつかない。

ただ1つ、明日から迎える次の一時代がとても楽しみだということ。

楽しみだと思える環境に感謝。

やりたいと思ったことに向き合える、自信に満ちた自分でいたい。

そして道の片隅で咲き誇る花のように、精一杯頑張っていたい。