なんちゃって夏柑糖/ネーミングセンス

「夏柑糖」と呼ぶと急にオシャレなのは、なぜ?

老松の夏柑糖

先日伊勢丹で見かけた、老松の夏柑糖 (本物はこちら(老松HP)

「これを自作したらオシャレだなぁ~」と、ふと思ったのでした。(買って食べてももちろんオシャレです)

本物は夏みかんなのですが、家にあった河内晩柑でさっそく作ってみました。

ゼリーではなく寒天なところがポイントとのこと、ちょうど冷蔵庫に寒天粉があった~!

案の定、とてもオシャレに完成!

本物はどんな味なのかな~?(敷居が高く、食べたことない)

考えたこと/ネーミングセンス

それにしても、「夏柑糖」ってオシャレな名前だなぁ~。

オレンジの皮を器にした、「オレンジゼリー」なんて、子供向けのおやつとして、そこらじゅうの料理本に載っている。

プラスチック容器に入った「夏みかんゼリー」も好きだけど。200円とか、3桁の値段でしか見たことない。

だけど、こんなにオシャレな気持ちにならないのはなぜ?

そこにホイップクリームなど添えられていなくとも。

まるごと果実が入っていなくとも。

老松の夏柑糖は堂々の4桁お値段。伊勢丹の一角で威厳を放ち、思わず買いたくなるオシャレ具合。

ネーミングとかブランドとか。

「月次顧問料」とか、「決算料」とか、「税理士報酬」とか、もっとオシャレな呼び方はないかなぁ~???