学生からの質問に回答!~私の公認会計士試験④~

学生からもらった質問のうち、頻出のもの、個別の回答でなくても差支えないものについて、、、思い付きでブログ記事にするこの連載。

私の公認会計士試験④と題して、二次試験合格後ついてお送りします。

①②③はこちらです↓

「公認会計士」を名乗れるようになるまで

世間的にはあまり知られていないというか、

もしかしてどうでも良いことかもしれないのですが、

2次試験(論文式試験)に合格すると、

「公認会計士試験合格者」

肩書きになり、それはイコール

「公認会計士」

ではないのです。

「公認会計士試験合格者」 はあくまでペーパーテストを通過した者、ということで、

そこから実務補習を行い、

実務経験を2年以上積み、、、

最後、実務試験である3次試験(修了考査)に合格すると、

晴れて!「公認会計士」と名乗れることになります!!!

実務補習について

事細かに書きすぎると、
「公認会計士」を目指す人がいなくなってしまうためなのか?

それとも

一番大変なのは2次試験に合格するまでなのは間違いなく、
それ以外のことは重要ではないからなのか?

実務補習の大変さ(?)は、

・これから会計士試験を目指す人 や
・会計士受験生

にあまり情報公開されていないように思います(笑)

実務補習とは…

必要単位数が決められた授業を受けなければならず、
(仕事終わりに市ヶ谷の研修所に通いつめる日々…)

グループディスカッションがあったり、

泊りがけの研修があったり、

論文の提出があったり、、、

ペーパーテストが10回あったり、
(社会人の貴重な休日、土曜日に対策して日曜日に試験会場へ…)

落ちると追試になったり、
(プチ自慢ですが、私は10回とも1発合格でした◎)

と、当時は細々と拘束される(?)ことに大変さを感じていました。

座学が多いのですが、 グループディスカッションなどは、実務に近い議題だと、熱く盛り上がることもあり、「すごく勉強になった!」と実感できるものもありました。

勉強になるだけではダメで、実社会に価値を提供しないとダメなのですが…

3次実務試験(修了考査)

実務補習を終えると、修了考査と呼ばれる、3次実務試験です。

監査法人に勤めていれば、試験休暇が10日ほどもらえるので、例え仕事と両立できないくらい繁忙であったとしても、とりあえずの勉強時間を確保できます。

なので、この3次試験の合格までとりあえず監査法人で働くというキャリアパスが通常(9割?)になっています。

私はと言えば、2次試験を終えてしばらくは、「企業内会計士」はどんな活躍が出来そうか?気になり、新卒で入社した金融機関にて仕事をしていました。

ただその後、思うところがあり、修了考査の受験年に監査法人トーマツに転職をしました。

それだけを目的に転職したわけではなかったのですが、幸いなことにこの試験休暇を活かすことができました。

3次実務試験(修了考査)は、試験休暇だけしか対策しないで合格する人もいれば、1年くらいかけてコツコツと対策する人もいます。

私はどちらかと言えば「後者」でした。

というのも、2次試験までの試験勉強だけで実務に対応できると思っておらず、監査法人にて実務を行いながら、改めてしっかり勉強することが新鮮に感じていたからです。

事前にコツコツと勉強した分はどちらかというと「趣味」の領域で、

「試験対策」という意味では試験休暇の10日間がやはり本当だったと思います。

おかげで?試験には十分に手ごたえを感じることができ、

試験が終わった日曜日の夜に全てのテキストを段ボール1箱にまとめ、翌日同期に譲りました。

先輩&上司には

「え?合格発表未だなのに???譲ってしまって大丈夫なの???」

とすごくビックリされてしまいました。

この試験は手ごたえを感じることがすごく珍しいことみたいです。

とはいえ、一切揺らがないくらい合格を確信していました。

(私が受験した年は合否のみの発表で、
 成績は開示されなかったのであくまで自分の感覚です)

その後

三次試験合格後、書類を揃えて審査機関に提出することで、晴れて「公認会計士」と名乗れるようになりました。

合格発表が4月で、そこから最速で手続きをして、登録完了は7月。

この3か月間は「早く名刺に「公認会計士」と書きたいなぁ~」とソワソワしていたのを覚えています(初々しい…!!)

このように、受験を決意した日から、最終的に「公認会計士」を名乗れるようになるまでは、想像以上の長い年月と、大小さまざまな試験や努力を必要とするものです。

受験前にこの道のりを正確に把握していたら、受験の決意が揺らぐかも…!? それともゆえに価値あり!と思えるか???

私が受験を決意した際、既に学生合格していた大学の同級生に私も会計士を目指して頑張ることにした旨を打ち明けると、

「え、今から????」

と言われ、私としてはちょっとネガティブ?に受け止めたのを覚えています。(今からじゃ遅い、今からでは受からない、受かっても意味がない、みたいな…)

既に受かった立場からすれば、率直&素直な感想だったのだと思うのですが…

人生、何事も、決意した時からで遅いなんてことはないと思います!

今から受験される方、ぜひ頑張ってください!